【陶芸家の雑記帳】
「新しい春の器展」2012
新年1月1日~5日まで開催しいた「新しい春の器展」会場の様子です。

「新しい春の器展」会場風景1

「新しい春の器展」会場風2景

「新しい春の器展」会場風景3

この作品展、毎年お正月に開催していて、今回で19回目となりました。

陶雛なども出品して、お正月らしい展示を。

「新しい春の器展」会場風景4

会場の「金陵の郷」は"こんぴらさん"で有名な香川県の金刀比羅宮参道にあります。ここは香川県を代表する日本酒の蔵元「金陵」酒の資料館になっています。
敷地内(くすの木広場)には推定樹齢が鎌倉時代と言われているりっぱなご神木の楠があります。

「新しい春の器展」会場風景5

1月4日は前々回紹介してようにあいにくの雪模様となりましたが、会期中はたくさんのお客様にご来場いただき無事終了することができました。
どうもありがとうございました。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック