【陶芸家の雑記帳】
匠の技
高松市で開催している第53回日本伝統工芸展に行ってきました。

日本伝統工芸展1

日本伝統工芸展2

巡回展なので展示は受賞者・四国の作家・重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品が中心です。

まさに『匠の技』大集合といった感じ。

仕事柄陶芸作品は当然注意して見ますが、その他のジャンルの作品から影響を受けることもたくさんあります。

今回も染色や木工作品など、いろんな作品から刺激をもらってきましたよ。

会期は21日(日)まで。
興味がある方は是非どうぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も行ってきました。(^^♪
絞りの着物がきれいでしたね。
一度袖を通してみたいものです。(^^)
2007/01/14(日) 18:43:34 | URL | sun-f #-[ 編集]
>sun-fさん
行かれましたか。
いろいろ楽しめたでしょ。
そうそう、牡丹の花びら文様の着物ですね。
あれはほんときれいでしたね~^^
買うとなると相当なお値段なのでは・・・
2007/01/14(日) 20:31:42 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
こーゆーのは欲しがっちゃいけないのね。
ほっほーと言いながら、見て楽しむのね。
2007/01/18(木) 20:41:09 | URL | トマト #-[ 編集]
>トマトさん
欲しがっても私ども庶民には到底手が届かないでしょう・・・(^_^;
しっかり目の正月させてもらいましたよ(*^_^*)
2007/01/18(木) 20:58:05 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック