【陶芸家の雑記帳】
イサム・ノグチ展
仕事がひと段落したので「イサム・ノグチ 世界とつながる彫刻展」に行ってきました。

この展覧会、今月の12日で終了したのですが、ギリギリでやっと行けたんです。

イサムノグチ展1

横浜美術館、滋賀県立近代美術館と巡回して最後にここ高松市美術館。

イサムノグチ展2

イサム・ノグチは香川県牟礼町にアトリエがあって、現在はそこが「イサム・ノグチ庭園美術館」として一般に公開されています。

イサムノグチ展3

この展覧会は彼の作品をまんべんなく展示していて、多彩な創作活動が良く理解出来るものになっていました。
すごい作家だったんだな~と改めて実感した次第です。

久しぶりにイサム・ノグチの作品をじっくり見ることが出来、良い刺激になりました。


来年こそは庭園美術館に行かなければ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック