【陶芸家の雑記帳】
再会2
先日出席した同窓会の翌日、中学校時代の美術の先生宅にお邪魔してきました。
この先生はちゃわん屋の恩師。
10数年ぶりにお会いしたんですが、退職されて今は創作活動に専念されていました。
以前は平面の具象絵画を制作されていたのが、今は立体の現代美術が中心。
なかなか興味深い作品でした。

またまた、アートな刺激をもらった。
う~ん・・・がんばらねば。。。


おまけ画像↓
雪国バージョン

まちなかで見かけた信号機。
ん??。縦向き・・・
これは積雪に耐えられるようになっている雪国バージョン。
ちゃわん屋の母校は福井県です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
同窓会というものは本当にいいものですよね。
恩師との年の差は、自分が年を重ねると縮まる感じがしませんか?^^
2006/08/19(土) 09:58:08 | URL | かず #WVVUxbwQ[ 編集]
>かずさん
久しぶりの同窓会とっても楽しかったですよ^^
先生とは一回り以上離れてるけど、歳の差はほんとあんまり感じませんね・・・
やっぱモノを作るひとはいろんな意味で若くないとね。
2006/08/19(土) 15:23:40 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
ホントに恩がある師ってことでは『恩師』って少ないかも・・・
尊敬できる先生がいることはいいことですね。(^^♪
私も『恩師』に会いたくなりました。
2006/08/20(日) 12:21:04 | URL | sun-f #-[ 編集]
>sun-fさん
ほんとこの先生にはお世話になったんですよ。
sun-fさんの『恩師』ってどんな人なんでしょうね・・・
2006/08/20(日) 18:42:17 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック