【陶芸家の雑記帳】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっ!こんな所に・・・
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催している須田悦弘展」に行ってきました。

須田悦弘(1969- )は本物の植物と見間違うほど精巧な木彫作品で注目を集めている現代美術作家です。

例によって国内の美術館では写真撮影は禁止なので画像はここまで。

須田悦弘展1

会場は当美術館の3階。
一歩中に入ってみると・・・

ず~と見渡しても、な~んにも無い。。。

この美術館には何回も来ているけど、こんな光景は初めて。

須田悦弘展2

壁の下にしゃがみこんで床をよ~ぉ~く見てみると…
えっ!こんな所に~ぃ~。

あるある、↓ちらしの様な名もない草が。

須田悦弘展3

ちゃわん屋はある程度予備知識があったので、大体の予想はしてましたが。
この草は全部木を削り彩色して作られたもの。
小さい物は1cm足らず。
そんな名もない草たちが壁際の床に点々としています。
思わず手に取ってみたくなるんですが、それは×。(^_^;
これは一見の価値ありですよ。

また、ちらしには『今展では建築家・谷口吉生の設計による建築空間をいかに須田が見立てて作品に取り込んでいるかを体験することで、無いようで在るということを知覚するとともに須田の手による精緻な作品の感動がさらに深まることでしょう。』とある。
ふむふむ、なるほど、そういう見方もおもしろいですなぁ。


ただチョット残念に思ったのは、作品点数はたくさんあるけど、種類が2~3種類でどれも似通ったものばかりなので、少々変化に乏しいかな・・・
他の種類の作品や、展示方法が見たかった。
会場の隅の方などにも展示してほしかったな~。
たぶんセキュリティーの問題とかあるんやろね。


なお、8月12日と9月10日には会場内で須田悦弘による公開制作があります。
作品完成後には会場に展示するそうです。

これは必見!
でもでも、行けそうにないな~。

お近くの方、是非ぜひ、お薦めですよ。


今回はいつになく文章が長くなってしまった。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あっ、丸亀来てたんですね~。
猪熊さんからうちの事務所まで車で5分もかからないのに~。。。
2006/07/28(金) 23:51:32 | URL | おさかな #WGv/JGO2[ 編集]
上ばかり見て歩くワタシは、踏んづけても絶対気づかないだろうなぁ。
空間の美。
ないとこにも「ある」のね。
2006/07/29(土) 10:17:02 | URL | トマト #-[ 編集]
面白いねぇ~。
ちいさな小さな草がフローリングの床から出てるのかな・・・
私も機会があれば是非。(^^♪
2006/07/29(土) 15:30:48 | URL | sun-f #-[ 編集]
>おさかなさん
今回はあまり時間に余裕が無かったので・・・
また今度ゆっくりできる時にお邪魔しますね^^
2006/07/29(土) 20:45:30 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
>トマトさん
たまには下を見て歩くと発見があるかも…
あるところには「ない」のかも???
2006/07/29(土) 20:48:06 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
>sun-fさん
そうそう、小さ〜い草が床からニョキッとね^^
ぜひぜひ、公開制作の時に(^_-)
2006/07/29(土) 20:50:20 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。