【陶芸家の雑記帳】
陶芸と天候
前々回のマグカップのつづき。

取っ手を付けたカップに模様を付け、白化粧(白い粘土を泥状にしたもの)を浸し掛けします。

マグカップ1-1

適当な堅さになるまで乾かして・・・

マグカップ1-2

通常なら数時間日陰に干しておくとちょうど良い堅さになるのですが、、、

この日(昨日)は非常に湿度の高い日だったので、ぜ~んぜん乾かない(^_^;
一昨日はすごい雨だったので、昨日に作業を延ばした。
この日は雨もあがって風もあったのである程度乾くと思ったんですが…
結局1日かかってしまった。

その後、ハンコを押します。

マグカップ1-3

素焼き後、ハンコの部分に呉須(藍色の絵の具)で彩色して、釉薬掛け。

出来上がりは↓

マグカップ1-4

梅雨の間は湿度が高く、なかなか作品が乾かず制作もはかどりません。
特にこの白化粧を掛ける作業は作品をどっぷり浸すので、湿度の高い日だと作品に水分が回って崩れることがあるんです。
天気を気にしての作業になります。

陶芸と天候は密接な関係にあるというお話。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど~(^_^)
湿度が大切なのね。
せっかく作った作品がグニャとなったら大変!!
ホント、お天気が左右するのね。
2006/07/23(日) 09:32:10 | URL | sun-f #-[ 編集]
>sun-fさん
そうなんですよ。
だから梅雨時は仕事がはかどらないんです(^_^;
2006/07/23(日) 10:14:10 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
うちもダメだ・・・湿度が90%ある。。。。
しっかし長い梅雨やな~^^;
2006/07/24(月) 19:09:47 | URL | tekkan #-[ 編集]
>tekkanさん
こんばんは☆
うちの工房、カビだらけでおます(^_^;
こちらは週末頃には梅雨明けらしいっす・・・
2006/07/24(月) 22:05:26 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック