【陶芸家の雑記帳】
がんばってます、在来種
今日はタンポポ。

工房のタンポポは今では少なくなっているらしい、在来種のものです。
タンポポには「在来種」と「帰化種」があります。

近年は帰化種の「セイヨウタンポポ」や「アカミタンポポ」が都市を中心に広がって、在来種の「カントウタンポポ」「カンサイタンポポ」などが減っているそうです。

タンポポ1

この「在来種」と「帰化種」の見分け方は、総苞(そうほう)に注目です。
総苞とは花弁を支えている花の付け根の緑色のガクのような部分です。

タンポポ2

総苞には、総苞片(そうほうへん)と呼ばれる緑色の小さな花弁のような ものが、鱗のように重なり合って付いています。
総苞片が反り返ってなく、ほぼぴったりと 総苞にくっついているのが在来種。
反り返って総苞から離れ、垂れ下がっているのが帰化種です。

↓工房のは、ねっ^^
タンポポ3

在来種っていうのは分かるんですが、名前が分からない…

タンポポ4

日本には約22種のタンポポがあるそうです。
その中には花が白い「シロバナタンポポ」っていうのがあるそうですが、まだ見たことありません。
生育分布は関東以西の本州・四国・九州らしいんですがね~ぇ・・・

あ、そうそう、今日高松で桜の開花宣言がありましたよ(*^_^*)
(平年より3日早く、昨年より5日早い)
スポンサーサイト

テーマ:*野草/雑草* - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
たんぽぽもいろいろあるんですね。(^^)
小さい頃、茎を笛にして鳴らしてたなぁ。
懐かしいわぁ~(*^^*)
こんな遊び、最近してるのを見たことないなぁ。
2006/03/27(月) 22:18:26 | URL | sun-f #-[ 編集]
こんにちは♪
ちゃわん屋さん、こんにちは♪
そうなんですか~、22種類もあるんですね。
在来種が減っているとは聞いています。
こちらでもセイヨウタンポポが幅を
利かせている気がします。
2006/03/28(火) 17:54:42 | URL | ゆんゆん #ftBlYwOE[ 編集]
>sun-fさん
はいはい、タンポポの笛ね~ェ。
やりましたよ^^
最近の子供はあんまりそんな遊びしないようですね…
2006/03/29(水) 00:26:16 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
>ゆんゆんさん
こんばんは☆
そうそう、タンポポ種類が多いそうですよ。
うちはセイヨウタンポポあんまり見かけませんね。
2006/03/29(水) 00:36:23 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック