【陶芸家の雑記帳】
四谷シモン人形館 淡翁荘
前々から行きたかった「四谷シモン人形館 淡翁荘」にやっと行って来ました。

ここは人形作家「四谷シモン」の作品を常設展示しています。
そもそもここは香川県坂出市にある醤油屋「鎌田醤油」の元社長鎌田勝太郎氏(淡翁)の居宅として昭和11年に建設された洋館です。
ここに人形たちが展示されるようになったいきさつはと言うと…

2000~2001年に開催された巡回展「四谷シモン―人形愛」の作品が愛媛県伊予三島市で2年間限定展示されていました。その後、ここを知った四谷シモンが建築様式や調度品などに感銘を受け、「人形たちのついのすみかに」との思いで現社長の協力を得て2004年7月から一般公開されることとなったそうです。

四谷シモン1

ちゃわん屋は前述の巡回展「四谷シモン―人形愛」を徳島県の美術館で見ているんです。
彼の人形は雑誌などでは知っていましたが実際に見るのはその時が始めて。
とてもリアルでエロティック。
一種独特の世界があり、ある意味ショッキングな展覧会でした。

もう一度人形たちに会いたい想いでいたところ、ここがオープン。
開館当初からの念願がやっと実現^^

四谷シモン2

ここはなんと写真撮影ok!
それなのに…
デジカメ持って行くの忘れてしまった・・・・

一緒に行った友人の携帯で撮影しました。
1枚目と3枚目はモノクロ撮影してレタッチで色をつけてます。

四谷シモン3
この作品高さが2mもあります。

四谷シモン4
館内の電灯。

ここには16体の作品が展示してあります。
建物をはじめ調度品・電灯が人形と調和してひとつの空間を作りだしています。
作者が気に入ったのが納得できますね。

また、この「淡翁荘」全体を「ケース」として四谷シモンの人形を幾体も閉じこめているというパフレットの解説文が非常に的を射ている感じです。

今度はカメラを忘れずに持って行かなくっちゃ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
四谷シモンの作品は不思議な雰囲気をもってますね。
美しさと怖さと・・・
『淡翁荘』の中も素敵な感じですね。
電燈も大正ロマン風。(私の感じですけど)(^^)
2006/03/06(月) 21:17:57 | URL | sun-f #-[ 編集]
>sun-fさん
こんばんは☆
そうそう「美しさと怖さ」そんな感じです。
画像は携帯で撮ったんですが、雰囲気は分かってもらえましたか・・・
2006/03/06(月) 21:25:12 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
いやあ、いいもの見せてもらいました
 お久し振りです。
なかなか来ない不良閲覧者です。(笑
この方の人形は凄く印象的ですね。
さっそく頂かなくっちゃ。(笑
2006/03/08(水) 18:04:42 | URL | コンパクト暖房PC #-[ 編集]
>コンパクト暖房PCさん
ごぶさたです。
この人形、一度見たら忘れられないでしょう^^
暖房さんのアンテナに反応したみたいですね。
今後の作品がたのしみです・・・
2006/03/08(水) 23:18:58 | URL | ちゃわん屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
四谷シモン
2006/04/23(日) 08:29:45 | アイドル芸能Shop