【陶芸家の雑記帳】
遠くの花火。
今日は隣町の「白鳥神社夏越(なごせ)祭花火大会」
毎年7月31日に開催しています。
今年は20時30分~21時の間に1,000発の花火が打ち上げられる。

近くの公園でいざ撮影!


あらら・・・
距離があるし、山が邪魔してよく見えません(^_^;
↓のような状態。

花火1

う~ん…
シャッタースピードが遅いのでタイミングがずれる。
片っ端からシャッター押して150枚以上は撮ったけど、何とか写ってたのが20枚足らず。

ちょっとズルをして合成しちゃいました。

花火2

『た~ま~や~ぁ~~(汗)』


スポンサーサイト

テーマ:花火 - ジャンル:写真

親子で陶芸体験
今日は「親子で陶芸体験」一日目です。
マグカップを作りました。

親子で陶芸体験1-1

粘土を板状にし、筒に巻きつけて底を付けます。
それから表面に「はんこ」を押して文様付け。

親子で陶芸体験1-2

最後に取っ手を付けて出来上がり~。

親子で陶芸体験1-3

はい、夏休みの宿題がひとつできたね(*^_^*)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

えっ!こんな所に・・・
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催している須田悦弘展」に行ってきました。

須田悦弘(1969- )は本物の植物と見間違うほど精巧な木彫作品で注目を集めている現代美術作家です。

例によって国内の美術館では写真撮影は禁止なので画像はここまで。

須田悦弘展1

会場は当美術館の3階。
一歩中に入ってみると・・・

ず~と見渡しても、な~んにも無い。。。

この美術館には何回も来ているけど、こんな光景は初めて。

須田悦弘展2

壁の下にしゃがみこんで床をよ~ぉ~く見てみると…
えっ!こんな所に~ぃ~。

あるある、↓ちらしの様な名もない草が。

須田悦弘展3

ちゃわん屋はある程度予備知識があったので、大体の予想はしてましたが。
この草は全部木を削り彩色して作られたもの。
小さい物は1cm足らず。
そんな名もない草たちが壁際の床に点々としています。
思わず手に取ってみたくなるんですが、それは×。(^_^;
これは一見の価値ありですよ。

また、ちらしには『今展では建築家・谷口吉生の設計による建築空間をいかに須田が見立てて作品に取り込んでいるかを体験することで、無いようで在るということを知覚するとともに須田の手による精緻な作品の感動がさらに深まることでしょう。』とある。
ふむふむ、なるほど、そういう見方もおもしろいですなぁ。


ただチョット残念に思ったのは、作品点数はたくさんあるけど、種類が2~3種類でどれも似通ったものばかりなので、少々変化に乏しいかな・・・
他の種類の作品や、展示方法が見たかった。
会場の隅の方などにも展示してほしかったな~。
たぶんセキュリティーの問題とかあるんやろね。


なお、8月12日と9月10日には会場内で須田悦弘による公開制作があります。
作品完成後には会場に展示するそうです。

これは必見!
でもでも、行けそうにないな~。

お近くの方、是非ぜひ、お薦めですよ。


今回はいつになく文章が長くなってしまった。。。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

あけたよ~
九州地方と共に四国も今日やっと梅雨明けです。
平年よりも9日遅いらしい。

蝉たちも待ってましたとばかりに朝から大合唱。
また真夏の日差しが戻ってきました。


そんな暑さを忘れさせてくれるような、凛としたこんなキキョウが咲き始めました。

キキョウ3-1

白いキキョウは本当に涼しげ。

蕾は紙風船みたい。

キキョウ3-2

こんな色も・・・

キキョウ3-3

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

高温多湿
毎日毎日ジメジメした蒸し暑ぅ~いぃ~日が続いています。
朝工房に入るとカビくさ~い。

あらら、ついにこんなものがニョキニョキと……

キノコ1

キノコ2

あたまにはこんなトゲトゲが。
キノコ3

長かった今年の梅雨も今週末にはやっと明けそう。
今年の夏はどうなるんでしょうね・・・

テーマ:生き物 - ジャンル:写真

陶芸と天候
前々回のマグカップのつづき。

取っ手を付けたカップに模様を付け、白化粧(白い粘土を泥状にしたもの)を浸し掛けします。

マグカップ1-1

適当な堅さになるまで乾かして・・・

マグカップ1-2

通常なら数時間日陰に干しておくとちょうど良い堅さになるのですが、、、

この日(昨日)は非常に湿度の高い日だったので、ぜ~んぜん乾かない(^_^;
一昨日はすごい雨だったので、昨日に作業を延ばした。
この日は雨もあがって風もあったのである程度乾くと思ったんですが…
結局1日かかってしまった。

その後、ハンコを押します。

マグカップ1-3

素焼き後、ハンコの部分に呉須(藍色の絵の具)で彩色して、釉薬掛け。

出来上がりは↓

マグカップ1-4

梅雨の間は湿度が高く、なかなか作品が乾かず制作もはかどりません。
特にこの白化粧を掛ける作業は作品をどっぷり浸すので、湿度の高い日だと作品に水分が回って崩れることがあるんです。
天気を気にしての作業になります。

陶芸と天候は密接な関係にあるというお話。
1周年
おかげさまで当ブログは本日で1周年を迎えます。

ここに遊びに来てくださる皆さまに感謝です。m(_ _)m

キキョウ

この1年思い返せば・・・
ブログを始めてとにかく写真を良く撮るようになりました。
おかげで写真の腕も以前よりは少しは上がったかな(^_^;

それと昨年の暮れにはオフ会にも参加したし、ブログ友達がたくさん出来ました。
そんな皆さんの暖かいコメントを支えに何とかやって来れたと思います。
本当にありがとうございます。
このところは更新も少々滞りがちで、「陶芸ネタ」も少ない当ブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
適当な堅さ
今日はマグカップの取っ手付け。

まずはボディの数だけ取っ手を作ります。
適当な堅さになるまでしばらく置いて・・・

この「適当な堅さ」がポイント。
堅からず、柔らからず……

取っ手1

取っ手2


「適当な堅さ」は天候によって左右されます。
今日は一日ジメジメしていたので乾きが悪かった。
こんな時はドライヤーが大活躍。

陶芸の作業はこの「適当な堅さ」を管理するのが重要なんですね。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

秘密兵器
作品の文様付けに使っている「秘密兵器」紹介。

これ何だか分かります?

はい、ニンニク潰しであります^^

中に粘土を詰めてハンドルを握ると・・・
ほ~ら↓のとおり。
文様付け1

細~い粘土の紐が出来ます。

このニンニク潰し、少々改良を加えてちょうど良い太さになるようにしています。

文様付け2

この粘土は顔料を混ぜ込んだ色粘土です。
これを作品に貼り付けて、その上にハンコを押して文様にします。

文様付け3

文様付け4

↑画像左上が出来上がり。
ちなみにこれは中央の円がピンクです。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

伸ばすヤツ
これは粘土を板状に延ばす機械。

ローラーの間に土を挟んで延ばす簡単な仕組み。
電動の物もありますがうちの工房にあるのは至ってアナログ、手動です。

たたら1

昔の洗濯機にこんなの付いてましたよね・・・
脱水機の代わりに洗濯物を搾るヤツですはい。
知らない人の方が多いか(^_^;

たたら2

粘土を板状にする方法としては、粘土の塊の両端に同じ厚さの板(たたら板)を置き、その板にそってワイヤーで切るのが一般的です。
この機械を使うと大きな板状粘土が簡単に作れます。(↓この板は30cm弱です。)

たたら3

型紙で縁を切り、四方を持ち上げてはい、こんなお皿が出来ました。

たたら4


今日は高松市で最高気温がなんと36.4℃!
まだ梅雨は明けてませんが、このところ真夏のような日々が続いてます。
ちゃわん屋は暑いのは割と平気なんですが、皆さん夏バテ(?)してません?

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

親子で陶芸体験
毎年夏休みに開催している「親子で陶芸体験」のご案内。

今年は7月29日(土)・30日(日)に開催します。

昨年の様子です。
親子で陶芸体験1

今年は↓のマグカップを親子それぞれ1個ずつ作ります。

親子で陶芸体験2

取っ手を付ける所などちょっと難しいかもしれませんが、オリジナルカップに挑戦してみませんか。

詳細は▲こちらまで。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

待ってました!
今年もこの花の季節が・・・

【キキョウ】が昨日咲きました!

キキョウ1-1

ちゃわん屋の一番好きな花なんです。

キキョウ1-2

夕方撮影しているとこんなお客さんが^^

キキョウ1-3

蝶は種類が多すぎてチョット分からないけど、これは「○○セセリ」だと思うんですが…
調べてみるとこの“セセリ”の仲間、「○○」の種類がとっても多くてお手上げ(^_^;
ご存知の方、よろしくです。
この写真では判別が難しいか。。。

キキョウはこれからもいろんな形で紹介していきますね~。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

高貴な花
【フウラン】が咲き始めました。

フウラン1

工房の柿の木に着生しています。
何ともいえない「高貴な」白い花。

やっぱりピントが・・・

フウラン2

フウラン3

蕾がまだまだたくさんあるのでこれからが本番。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

風鈴【その3】
組み立て終了。
21個出来ました。

全部吊り下げて撮影。

風鈴3-1

↑1/10秒のスローシャッターで短冊がゆれゆれ・・・

風鈴3-2

ま、こんな光景は普通の家ではまず見られないでしょうね^^

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

風鈴【その2】
昨日から作ってる風鈴。
3個だけ完成。

風鈴2-1

こんなんです。

風鈴2-2

音をお聞かせ出来ないのが残念。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

風鈴【その1】
今年も風鈴作成中。

焼成は済んでいるんですが、これからパーツの組み立てです。

↓これがそのパーツ。
風鈴1-1

短冊も手作り。
筆で文字を書いてます。

風鈴2-2

今日はここまで。

組み立て作業はあした・・・
今年も咲いたよ^^
はい、この花【ネジバナ】が今年もまた、咲き始めました。

「お帰りなさ~い」っていう感じ(*^_^*)

ネジバナ1

日当たりのいい芝生などに生えるラン科の多年草。
花の大きさは5mm程で螺旋状に咲いて行きます。

ネジバナ2

撮影するのに三脚を使ったり、ピント合わせをマニュアルにしたりといろいろやったけどこれが限界。
やっぱりコンパクトデジカメでは小さい花のマクロ撮影はピントが・・・

ネジバナ3

一眼レフデジカメにマクロレンズを付けて、花の撮影がしたいな~ぁ。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真