【陶芸家の雑記帳】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深紅のツバキ
深紅のツバキが咲き始めました。

【椿リストNo.4】

深紅のツバキ1

まだ数える程ですが、緑の葉の中で深紅が映えています。

花の大きさは小ぶりで控えめ。

深紅のツバキ2

深紅のツバキ3

赤・黄・緑のコントラストがみごと。

他にも白やピンクも咲きだしています。
近い内にアップしますね。
スポンサーサイト

テーマ:四季の草花 - ジャンル:写真

ツタの紅葉
しつこく紅葉。

工房近くの高速道路の壁にツタがからまっています。

以前から気になっていた。

ツタの紅葉1
かなり「アート」です^^

ツタの紅葉2
みごとな紅葉。

ツタの紅葉3
こんなアングルはいかが。

ツタの紅葉4
ツタの実。
ツタは「ブドウ科」だというの納得です。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

モミジ2
工房のモミジも大分色づいてきました。

モミジ2-1


モミジ2-2
いい感じに色づいてます^^

さてさて↓はどうやって撮ってるでしょう?
レタッチでは無いですよ~。
モミジ2-3

虫食いがキュートだわ。。。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

阿弥陀寺
阿弥陀寺、昨日の続き。

銀杏に誘われ偶然立ち寄ったこのお寺には立派な山門がありました。

阿弥陀寺山門

屋根瓦は最近葺き替えたみたいですが、梁や柱は古そうです。

阿弥陀寺灯籠

山門の脇には重厚な石灯籠。

石の表情をうまく使っています。


山門の隣にはモミジが色づいていました。

阿弥陀寺モミジ


この時期になってやっとあちこちで紅葉が楽しめるようになってきました。
今年は結構注意して見ているので意外な所できれいなのを発見したりします。

また、いいのがあったら掲載しますね。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

通りすがりの銀杏
工事渋滞の待ち時間 ふと横を見ると銀杏がきれいに色づいていました。
ちょっと寄り道。

阿弥陀寺銀杏1

ここはこぢんまりとしたお寺の境内でした。
「阿弥陀寺」というお寺。

結構大きな木です。
お寺の人に尋ねると樹齢100年位らしい。

阿弥陀寺銀杏2

今が一番の見頃。

阿弥陀寺銀杏3

阿弥陀寺銀杏4

木の下には落葉がちらほら。

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

講演会
民間の力で人工衛星「まいど1号」を打ち上げようとしている青木豊彦さんの講演会に行って来ました。

青木豊彦氏講演会

講師の青木さんは東大阪市にある町工場の社長さんで、ボーイング社の飛行機部品を作っているそうです。
最近テレビCMにも出演されているので知っている方もいるのでは。

青木さんの工場がある東大阪市は「歯ブラシからロケット部品まで作る」という中小製造業の多い町。
ご多分に漏れずこの地域も2000年に1万社あった会社が今では7千社までに減っているそうです。
原因は不況もあるけれど、後継者難で廃業した所もあるらしいです。

製造業があまりにも暗いイメージで、3K(キツイ、キタナイ、キケン)と言われ、若い後継者が育たない。
「若者が興味を持つ仕事や将来ある産業を創出していかないかん」と思った青木さんは、町工場の技術を結集して人工衛星を作り、若者をモノづくりに復権してもらおうと一念発起。
とてつもない夢の実現に奔走しているというお話でした。

この計画は様々な困難を乗り越え、産・官・学の連携で3年後には実現するそうです。
そして今では修学旅行の学生が訪れるまでになって、若者が集まりつつあるらしいです。

青木さんはとにかくパワフルで熱い「河内のおっちゃん」です。
最後に「自分の住む町を愛して誇りを持つことが大事」とのこと。

大阪弁で気さくに熱く語る青木さんから一杯元気をもらってきました。

やっぱり日本人は「ものづくり」でがんばらないと。

来年の干支
来年の干支は「戌」ですね。

毎年この時期干支の香合を作ります。
いつもどんなものにするかとても悩むんですね。
今年は迷ったあげく狛犬にしました。

狛犬香合1

近くの神社で狛犬の観察。
かなりむずかしそうです…

まず粘土で原型を作り石膏で型をとります。

これが結構大変な作業。
複雑な形なので4つに分割します。

↓が石膏型。
狛犬香合2

これに粘土をつめていきます。
狛犬香合3


型から抜いた状態。
狛犬香合4


細部を修正して耳をつけます。
狛犬香合5


一日乾燥させ、さらに細かい細工をして完成。
狛犬香合6
イカツイ顔。。。

かなり手間がかかるので、1時間に一個くらいしか出来ません。

先週の木曜から作り始めて今日で22個。

あと10個位は作らないと…

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

モミジ
工房のモミジ。

まだ部分的にしか紅葉してません。

色づいている葉を選んで撮影。

モミジ1


裏側から逆光で撮ってみました。

モミジ2
う~ん。トリミングがむずかしい…


モミジ3

お気に入りの一枚^^

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

一日体験陶芸教室
今日は先日電話予約のあった4人グループの一日体験陶芸教室。

メインサイトを見たという若い人たちで、なんと広島県の福山からです。

一日体験陶芸教室1

一日体験陶芸教室2

一日体験陶芸教室3

陶芸は初体験の皆さん。

初めはぎこちない手つきだったけど、2時間程の間に徐々にコツをつかんだみたいです。


一日体験陶芸教室4

出来上がった作品の前で記念撮影。

遠い所からどうもありがとうございました。
讃岐の旅を満喫してくださいね^^
焼き上がりをおたのしみに…

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ドアップ
椿アップ1

いきなりドアップ。

椿アップ2

椿のおしべ。

ピンがもうひとつやねぇ(^_^;

この花はこんなんです。

椿3-1

今季3番目に咲きました。

椿3-2

工房には椿の木が20種類以上はあるんですが正確に数えたことがありません。

当ブログでは新たに「椿」のカテゴリを作りました。
今後どれくらいの種類があるのか順次掲載していこうと思ってます。

おたのしみに・・・

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

狛犬
工房と同じ市内にある「白鳥神社」の狛犬です。

この神社もかなり由緒正しいところです。
今度取材しようと思ってます。

今回は狛犬だけ(^_^;

白鳥神社狛犬「あ」

白鳥神社狛犬「うん」

ちょっとレタッチしてみました。

前回紹介した「水主神社」のと比べてみると、いかがでしょうか。

私は「水主神社」の狛犬の方が威厳があって好きですけど、皆さんはどちら?

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

大銀杏
工房の近くに銀杏の大木があります。
昨日紅葉の様子を見に行ってみました。

大銀杏1

まだ葉は青々としています。

この銀杏 前の民家と比べてみると良く分かると思いますが、すごい大木でしょう。

大銀杏2

紅葉するとみごとな黄色ですよ。

こんな具合です。→クリック(2003年の画像)

今年は全国的に紅葉が遅れているそうです。

大銀杏、色づいたらまた報告しますね。

テーマ:木の写真 - ジャンル:写真

水主神社3
水主神社番外編。

境内左手の鬱蒼とした林の中を行くと「水神社」があります。

水神社

昼間でも薄暗く、夏場もひんやりとした場所です。
この鳥居をくぐってさらに奥へと進むと弘法大師手堀りの井戸と言われている「閼伽谷の井戸」が。

閼伽谷の井戸

この祠の下が井戸になっていて、小さな蓋を開けると長い紐に水汲み用の容器がくくられていました。
その紐を井戸の中に垂らすとひんやりした水が汲めました。

この井戸はどんな日照り続きの時も枯れたことが無いらしいです。


この神社のまわりには「水主三山」と呼ばれる山があります。
後方の西側に「本宮山」、北に「那智山」、南東に「虎丸山」
これら三山は本殿左に祀られています。


この記事を書くにあたり色々と水主神社を調べてみると知らないことばかり。
ごく近くの神社ですが新たな発見が一杯です。
ここには国の重要文化財に指定されている木造の狛犬など他にもがたくさんの宝物があるそうです。
宮司さんにもお話をお聞きしてみたいものです。


今回の記事はこちらの→サイトを参考にさせてもらいました。
とても詳しく書かれていて大変参考になりました。
どうもありがとうございます。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

水主神社2
昨日の続き。

いよいよ「水主神社」本殿へ。

水主神社2

「いのり杉」が本殿を守っているかのようです。

水主神社3

この神社は地元の人たちに「やしろさん」と呼ばれ親しまれています。

屋根には神社を象徴する「千木(ちぎ)」と「堅魚木(かつおぎ)」
水主神社4
屋根の頂部に棟木と直角方向・水平に並べて置かれる木材が「堅魚木」

水主神社5
交差して突き出た2本の木材が「千木」
丸に社の字が紋です。


本殿前の右近の橘・左近の桜
右近の橘・左近の桜

雛飾りにあるやつですね^^
橘は実がなっています。


境内を左に行くとどんな日照りでも枯れないという「弘法大師手掘りの井戸」があります。
次回番外編で紹介します。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

水主神社1
只今ちょっと狛犬を調べています。

撮影に工房近くの「水主(みずし)神社」へ。

水主神社1

この神社は以前秋祭りの記事で紹介したところです。

「水主神社」は奈良時代以前とされる延喜式内社で讃岐で最初に位階を授けられた由緒ある神社。
地域に多くの伝説を今に残している7代孝霊天皇の皇女、倭迹々日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)が祀られています。

狛犬
お目当ての狛犬。

狛犬「ん」
左にある「ん」の方は頭に角があります。

狛犬「あ」
右の「あ」凛々しいお顔。

本殿前に樹齢800年、高さ40mの「いのり杉」がそびえ立っています。

いのり杉
昼間も霊気を漂わせています。

この木は香川県の保存木に指定されています。香川県保存木
以前宮司さんに聞いたんですが、昔はこの杉の木に五寸釘が打ち付けられた藁人形がよくあったそうです。

ここの境内はうっそうとした木々に覆われているので昼でも薄暗い所です。
夜はさぞかし……

続きは次回に。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋をさがしに
このところ昼間はとても暖かく、紅葉がなかなか進みません。

工房の裏山に秋をさがしに行ってみました。

紅葉1

紅葉2

ツル系の葉が木にからまって赤く色づいています。

サンキライの実

これは「サンキライ」の実のようです。
赤くて大きい実がたくさんなっていました。
花器に生けると映えそうですね。

紅葉3

「ハゼ」の木も結構紅葉しています。

山に入ってみると赤い葉は徐々に紅葉しているようです。
黄色系はまだもう少しかな。
今年は例年よりも遅いみたいですね。

みなさんの所はいかがでしょうか。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

Googleページランク
検索エンジンGoogleのサービスで「ツールバー」というものがあります。
ダウンロードしてインストールすると、検索ボックスなどがブラウザに追加されるものです。
その中の機能のひとつ「PageRank(TM) 表示」なるものは、Google の自動アルゴリズムによりそれぞれのウェブページに割り当てられた重要度を表示します。0~10までを緑色のグラフで表示し、ポインタを持って行くと数値が出ます。ちなみにYahooのトップページは「8」です。

google PageRank1

そのPageRank このサイトちょっと前までは「0」でしたが先日「3」になりました。

google PageRank2

ちょっとうれしいですね^^
メインサイト[さぬきの窯元・讃窯]の方も「3」です。

このツールバーはwindows専用でmacは対応していません。
うちはmacなので自宅のwindowsでいつもチェックしてたんですが、こんな→サイトで確認できます。

ページランクお試しあれ。

テーマ:Google関連 - ジャンル:コンピュータ

ARTな一日
今日は一日芸術の秋を堪能しました。

午前中は近くのお寺で開催された「錦桜茶会」へ。

錦桜茶会

このお茶会 毎年春と秋に催され、今回で71回目になります。
本席と野点席があるのですが、今日はあいにくの雨で両方とも屋内でした。

私、ちゃわん屋も10数年前ここで何回かお点前をしたことがあるんですよ。

残念ながら他のお客さんが多かったので画像はナシ…。
お茶菓子は菊と栗でした。


さてさて、午後からはNHK交響楽団による室内楽「弦とホルンの共演」

弦とホルンの共演1

このコンサートは市のコンサート協会が主催するもので今年で3回目。
バイオリンの永峰高志さんが当市に縁があってこの演奏会が始まったそうです。
N響のメンバーが一流の演奏を聴かせてくれました。

弦とホルンの共演2

前半は地元の中学生のブラスバンド演奏と、N響のホルン奏者 日高剛さんによる中高生の公開レッスンです。

公開レッスン1
公開レッスンでは日高さんのちょっとしたアドバイスで見違えるほど音が良くなりました。

公開レッスン2
ちょっと緊張気味の高校生。
日高さんが手にしているのはバルブの無い「ナチュラルホルン」
曲の調子を変えるために管を付け替えるそうです。

後半の演奏は撮影禁止で画像はありません。

弦楽五重奏団の演奏から始まり、ホルンとピアノのデュオへ。
休憩を挟んでいよいよ弦とホルンの共演です。

知らない曲はちょっと眠かったけど後半の曲は有名なものですばらしかったですよ。
やっぱり生の演奏、それも超一流は感動ものです。


お天気がもうひとつでしたが“ARTな一日”を堪能できました。

テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術

椿を一輪
一輪挿しにこの間から咲き始めた「西王母(セイオウボ)」を生けてみました。

西王母

この椿は超早咲きで先日紹介した「太神楽」と共に、ちゃわん屋の工房にある中でも一番最初に咲く種類です。
以前にも書きましたが工房には20種類以上の椿があるんです。でも名前が分かるのはこれと太神楽くらい。

寒いのは苦手だけど、これから色んな椿が咲き出すのが楽しみですね。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

雑誌に紹介されました
9月に取材があった「四国旅マガジンGaja」という旅雑誌が先日送られてきました。

四国旅マガジンGajA

この雑誌は年4回発刊で四国のいろんな場所を紹介しています。
11月1日発売のNo.026号「焼き物の里をめぐる」という特集の中で紹介されています。

雑誌紹介記事1

雑誌紹介記事2
44、45ページの見開き。

本当にうちの工房?って思うくらい写真がうまく撮ってありますよ^^
さすがプロですね。

この雑誌は四国内の主要書店で扱っています。
関東、関西、中国地区は紀伊國屋書店やジュンク堂書店、九州地区はジュンク堂に置いてあるそうです。
書店で見かけたら手に取ってみてください。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

「やきもの祭」4(最終回)
「やきもの祭」今回は展示作品を中心に。

作品は屋内展示場と屋外の軒下に展示台を作って陳列しています。

展示作品2
【屋外展示作品】

屋内展示作品1
【屋内展示作品】

準備にあたって一番手間がかかったのが展示場の大掃除。
日頃あまりやってないものでもう大変でした。
さすがに見違える程きれいさっぱり。

陶芸教室の生徒さんたちの作品も展示しました。

陶芸教室生徒作品1

陶芸教室生徒作品2


500円・1000円・1500円均一の掘り出し物コーナー。
お買い得品が満載。

掘り出し物コーナー


今回のイベントは友人に企画をお願いして色々と楽しい催しを行いました。
その中でも好評だったのが「サイコロ抽選会」
5,000円以上お買い上げのお客さんにジャンボサイコロを振ってもらい、その目によって豪華景品をプレゼントしました。
3の目が大当たりの「讃窯賞」

サイコロ抽選会1
【ジャンボサイコロ】

サイコロ抽選会2
【豪華景品の数々】


おかげさまでこのイベント「やきもの祭」は無事終了しました。
至らないところもあったと思いますが、ご来場頂きました皆さまどうもありがとうございました。
来年は今回の反省点をふまえより良いものにしたいと思いますので、皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

「やきもの祭」3(雅楽演奏の巻)
「やきもの祭」2日目の様子。

この日はすばらしい秋晴れの中、女性4人組「天女たい」による雅楽演奏がありました。

会場はこんな雰囲気の屋外です。

雅楽1

演奏が始まって間もなく一陣の風が吹いて譜面代が倒れるハプニング。
一時演奏が中断となってしまいました。

後で龍笛(りゅうてき)の人が言ってたんですが、ちょうど演奏を始めた時に「龍神」が降りて来て風を吹かせたとのこと!
彼女はとても霊感が強いそうです。

雅楽2

曲目は雅楽の代表的なものから「ふるさと」などのなじみ深い曲などもあり、工房の自然と融合した厳かで癒される演奏会でした。
それに衣装がまた良かったですよ。

雅楽3


雅楽の後は「お楽しみ陶芸クイズ」
簡単な3択問題に答えてやきものをゲット!
抽選で1名様に大皿もプレゼント。
とっても盛り上がり、お客さんも大喜びでした。

会場の作品展示の様子は次回に…

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。