FC2ブログ
【陶芸家の雑記帳】
円空展
円空展

今日「円空展」に行って来ました。

「円空」は江戸時代初めの僧侶。全国を行脚して厳しい修行をしながら生涯に12万体もの神仏像を彫り、人々の心を癒し続けたそうです。その神仏像の表情は「慈愛の微笑み」と呼ばれ、ナタで荒々しく彫った造形は独創的でエネルギッシュ。
この展覧会では150点以上の作品が出品されていて、活力をいっぱい頂いてきました。
作品画像はリンク↑のHPからどうぞ。
スポンサーサイト



テーマ:展覧会案内 - ジャンル:学問・文化・芸術